3. Illustrator

オススメ! PDF入稿のご案内

ご入稿はPDF形式での入稿がオススメです!その他のデータ形式に比べて格段にデータトラブルの危険性が軽減します 。 容量の重いデータも軽くなり、時間短縮。詳しくは『PDF変換方法』をご確認ください。

PDF変換方法はこちら

入稿用テンプレート

データを作成する際に便利なテンプレートを無料でダウンロードできます

テンプレートダウンロード

アートボードのサイズ

※ アートボードのサイズは、必ずご希望の仕上がりサイズに設定してください。
※ 裁ち落とし設定は、アートボード外側に天地左右 各3mmを設定してください。

“アートボードのサイズ”

データサイズ

※ データは必ず「塗り足し3mm(天地左右 各3mm)」が含まれたデータを作成し、マスクをかけてください。
※ 「切れてはいけない文字・オブジェクト」は、仕上がり位置より3mm以上内側に収めてください。
※ 塗り足しがない場合や印刷や断裁に支障をきたす場合は、データ不備扱いで進行がストップする可能性があります。
※ 必須事項が守られていないデータで、商品に不具合がある場合、当社では一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

“データサイズ”

画像リンクの埋め込み

  • ※ リンクしている画像は、全て埋め込みでご入稿をお願いいたします。リンクのパレット上で、パレット右上のメニュー > 【画像を埋め込み】を選択し、埋め込みを行ってください。
“画像リンクの埋め込み”

Illustrator上の効果使用

  • ※ Illustrator上で透明やパターン・ドロップシャドウ等の効果を使用の際には、必ずアピアランス分割や透明部分の分割統合・ラスタライズ(メニューバー > オブジェクト > ラスタライズ)等を行ってから入稿をお願いします。 適切に設定されていないと、正常に印刷ができず、品質を落とす可能性があります。
“Illustrator上の効果使用”

文字のアウトライン化(Illustrator作成時) / 埋め込み(PDF保存時)

※ 文字(フォント)は全てアウトライン化(文字を全て選択し、メニューバー > 書式 >アウトラインを作成)してください。

“文字のアウトライン化(Illustrator作成時)

カラーモードはCMYKもしくはグレースケールに

※ RGBや特色は使用せず、全てプロセスカラー(CMYK)に変換してください。
※ 濃度の高いブラック(リッチブラック)をご使用の場合は、次の設定で作成してください。[C50+M40+Y30+K100=220]
※ RGB・特色でご入稿された場合、CMYKに自動変換をして印刷いたしますのでご注意ください。

“カラーモードはCMYKもしくはグレースケールに”